清水駅前に開花した「ジャカランダ(Jacranda)」和名:『紫雲木』(メキシコの花) = 静岡より皆様へ(花便り) =

東海大学発祥の地,清水に、ジャカランダ(Jacaranda)の花が咲いた。

『ジャカランダ』は、日本では、まだ、珍しく、ヨーロッパの大航海時代にポルトガル人が、今日のブラジルから持ち帰ったと伝えられている。

今では、メキシコ、アルゼンチン、ブラジル、チリ―、ペルーなどの大都市の公園、街路樹に見られ、数年前のOB有志のメキシコ旅行では、有名な銀山の町、タスコでも、その美しい花が我々を歓迎してくれた。

ちなみに、メキシコの日系人の間では『メキシコ桜』と言われている。

今回の報告は、静岡の清水駅のそばに咲くジャカランダの姿である。

この花ことばは、『名誉』、『栄光』と言われ、和名は『紫雲木』とも言われる。

特に,われわれ東海大学卒業生にとっては、大学の発祥地に咲くジャカランダは素晴らしい。

 (ラテ研OB,在清水、池上鎮男)

 

清水駅にジャカランダの花が満開です☺写真👀📷✨添付します。 在清水、池上鎮男より

 

ジャカランダ、紫雲木

ジャカランダ、和名:『紫雲木』(メキシコの花)

ジャカランダ、紫雲木

『メキシコ桜』ジャカランダ、和名:『紫雲木』(メキシコの花)

ジャカランダ、紫雲木

『メキシコ桜』ジャカランダ、和名:『紫雲木』(メキシコの花)

 

 

 

Latin American Researcherの最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です